お守りについて

無碍に扱えないものですから正しい知識を知っておきましょう!

お守りについて

お守りは元々、常に神の御加護が受けられるようにと、神社から譲り受けたご神徳の言葉などを巾着袋に入れたのが起源とされています。 その本質を知った上でイロハをご覧ください。

持ち方

お守りを使う場合は首につりさげたり、いつも持ち歩くバックの中に入れておいたりして、いつも身近にしておくことが正しい使い方とされています。

有効期限

お守りの有効期限は1年とされていますが、そもそも願掛けのお守りは願いの叶う満願までとされているので決まった期間はありません。 有効期限を1年といっているのは、初詣で購入する神札の入れ替えや健康祈願などと混同されているのかもしれません。

 

ちなみに神札をお正月に「お焚き上げ(お札などを燃やしている所のこと)」するのは、一年の厄災を託して祓うという意味ですから、願掛けによって有効期限が変わるといういい例でしょう。

古いお守りの処分方法

可能であれば購入(正式には授与)された神社へお返しすることがよいでしょう。 だだ、遠方で行けないというのであれば郵送で送ったり、近くにある神社の納札所でも受け取って頂くことも可能です。

 

季節毎の絵柄を楽しめたり、キティーちゃんのデザインだったりカワイイ図柄のお守りが増えていますので手元に置いておきたいかもしれませんし、大切な方からの頂き物で思い出の品になっているかもしれませんが授与された神社へお返ししてくださいね。

 

どこでも対応はしてくれるはずですが、心配な方はお返しする前に問合せるとよいでしょう。

 

口コミで評判の高い縁結びスポットTop3は?

 

当サイトに訪れたのも何かのご縁。2分程度の無料診断で理想の出会いがあるかも。

結ちゃん診断