川越氷川神社

あなたにとっての最良の縁を呼び込めるかも

埼玉県にある川越氷川神社(かわごえひかわじんじゃ)

埼玉県川越市にある川越氷川神社は、JRや東武東上線、西部新宿線で行くことができます。 駅からバスが2系統出ています。 喜多町、宮下町のいずれかのバス停で下車して徒歩10分くらいのところにあります。 車では、関越自動車道の川越インターで降り、20分程のところにあります。

 

川越氷川神社は、1400年ほど前に大宮の氷川神社から分祀されたということです。 巣戔鳴尊と奇稲田姫命の夫婦と、その子供で縁むすびの神様である出雲大社のご祭神の大己貴命と、奇稲田姫命の両親夫婦を祭神としています。 このように2組の夫婦の神様と縁むすびの神様を祀ることから、縁結び神社として有名なところです。 「お氷川さま」と呼ばれて親しまれているようです。 また川越の総鎮守とされています。 安産祈願や家庭円満を願ってお参りに来る人も多いようです。

 

川越祭りは、氷川神社の例大祭りです。 埼玉県にも氷川神社という名前の神社があるようですが、区別するために川越氷川神社と呼ばれています。 また、川越市内には、氷川神社という名前の神社は14もあるそうです。 川越市は、蔵造りの町としても有名なようです。 本殿は埼玉県の指定有形文化財となっています。 神社の正門には、赤い鳥居があります。

 

ここでは、縁結びの玉というものが人気のようです。 境内の白い小石を持ち帰って、お守りにすると良縁に恵まれるという言い伝えがあるようです。 この神社では、巫女さんが小石を丁寧に奉製しお祓いしてくれた「縁結び玉」は、毎朝早朝から手に入れることができます。 とても可愛くて縁起の良いお守りのようです。

 

でも、「縁結び玉」だけでは物足りないという人には、毎月2回8のつく時刻に行われている「良縁祈願祭」というものに参加することもできます。 これに参加すると「縁結び玉」「縁結び絵馬」「縁むすびのお守り」や「おふだ」をいただくこともできるようです。 また携帯用のストラップとして「さくらさくお守り」という、かわいいストラップもあります。 「縁結び絵馬」というかわいらしい絵馬もあります。

 

言い伝えは沢山あるようです。 出雲の地での巣戔鳴尊とある夫婦の話です。 その夫婦は、8人の娘をハ岐大蛇につぎつぎと「いけにえ」として差し出さなければならず、途方に暮れていたところ、巣戔鳴尊が話を聞き、ハ岐大蛇に酒を飲ませて首を撥ねて対峙したというものです。 そのことが縁となり、巣戔鳴尊と娘が無事結ばれたという話です。 そのことから、縁結びの神として広く伝わることとなりました。

 

氷川神社の庭園には、ご神木となる「夫婦ケヤキ」もあります。 また犬の形をした「戌岩」というものもあるようです。 まるで自然の山・森などが凝縮されて、箱庭のようになっています。 カップルでお参りの時には、ぜひ庭園を訪れてみるのも良いのではないでしょうか。 お願いごとが叶うかもしれませんね。

 

参拝のマナーは、身体を清めてからお参りしましょう。 鳥居の前では、くぐる前に一礼をします。 拝殿では、二礼二拍手一礼をします。

 

そして一番大事なこと、もし縁結びをお願いし、無事成就したら神様にご報告を忘れずにするということです。

交通アクセス・詳細情報

公共交通機関 JR・東武東上線「川越駅」、西武新宿線「本川越駅」から
小江戸巡回バスで「氷川神社前」下車 徒歩0分
⇒ その他、路線あり
マイカー 関越自動車道 川越IC
駐車場 ・第一・第二・第三駐車場があり。250台スペース。
※ 料金 : 無料
住所 埼玉県川越市宮下町2-11-3
電話 049-224-0589
地図
大きな地図で見る
公式HP ⇒ こちらへ

 

口コミで評判の高い縁結びスポットTop3は?

 

当サイトに訪れたのも何かのご縁。2分程度の無料診断で理想の出会いがあるかも。

結ちゃん診断