神田明神

あなたにとっての最良の縁を呼び込めるかも

東京都にある神田明神(かんだみょうじん)

奈良時代から東京の守護神として知られている神田明神も、縁むすびの神社として有名です。 「明神さま」と呼ばれて親しまれています。 徳川家康も戦勝祈願をしたところ、見事に勝つことができたという説もあります。 現在では、秋葉原・神田・日本橋など108の町内の総氏神として親しまれています。 毎年5月には、神田祭りがおこなわれています。 古来から、多くの将軍などが参拝している神田明神です。 関東大震災では、社殿が全焼し、その後当時としては珍しくコンクリートを使用した社殿ができました。 縁結びの神社として、昔から結婚式なども多く行われてきたようです。

 

神田明神の祭神は一ノ宮では縁結び・国土経営・夫婦和合の大己貴命という神様が祀られています。 二ノ宮では、商売繁盛・健康・開運招福の少彦名命が祀られ、三ノ宮には除災厄除の平将門が祀られているそうです。 神田明神は、「江戸総鎮守」と言われており、昔から江戸、東京の街を守ってきました。

 

神田明神には、いろいろな縁結びスポットがあります。 一番人気もあるものは、大己貴命の大きな石象です。 だいこく様は、大国主命という別名を持っています。 縁結びで有名な、島根県の出雲大社の祭神と同じというわけです。

 

神田明神は、千代田区外神田にあります。 JRお茶ノ水駅からも徒歩で行ける距離のところにあります。 また地下鉄では、丸ノ内線を始め多くの路線が通っており、非常に便利なところにあります。

 

縁結びの神田明神には、お守りがあり、男女でペアになっているものもあります。 7月7日までの期間限定の七夕お守りというものもあります。 その他には、商売繁盛のお札や現代の世相を表しているペット用のお守りもあります。

 

一年に一度の最も重大な神事は毎年5月15日に行われる「例大祭り」というものです。 神社の宮司や神職についている人達が参列し御社殿へと向かいます。 「祓いの儀」で、参列した人達全員を洗い清めます。 その後さまざまなお祓いがあり、参列者全員が玉ぐしを奉じて、式は終了するそうです。

 

東京都内にある神田明神の屋上には、庭園があります。 温暖化が進み、緑が少なくなっている現代、このような自然の庭園は素晴らしいものです。 「鎮守の森」としての屋上庭園には、梅・ハナミズキなど四季に合わせた花が咲き乱れています。 縁結びのお参りの時に、カップルで訪れるデートコースとしてもオススメですね。

 

神田明神では、夜間星月夜参りというお参りができます。 580もの灯篭が明るく境内を照らし、荘厳な中お参りができます。 580という数字は、古来から縁起の良い数字とされており、ご祝儀には使用されています。 参拝者の長寿を願う祭りごとでもあるようです。 お星様を眺めながらのデートも、またロマンがありますね。

 

神田明神をお参りし、縁結びをお願いし、無事恋が実り、結婚式をあげ、赤ちゃんのお宮参りも、七五三までできる神田明神は、東京の穴場の縁結びの神様かもしれません。

交通アクセス・詳細情報

公共交通機関 J中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
マイカー 首都高速環状線 神田橋出口
駐車場 ・若干数あり
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2
電話 03-3254-0753
地図
大きな地図で見る
公式HP ⇒ こちらへ

 

口コミで評判の高い縁結びスポットTop3は?

 

当サイトに訪れたのも何かのご縁。2分程度の無料診断で理想の出会いがあるかも。

結ちゃん診断