出雲大社

あなたにとっての最良の縁を呼び込めるかも

島根県にある出雲大社(いずもたいしゃ)

出雲大社は、日本を代表する日本最大の有名な神社です。 知らない人は殆どいないと言っても過言ではないでしょう。 出雲大社の祭神は、大国主大神でたくさんの試練を乗り越えてめでたく結婚できた神様ということから、縁結びの神様の代表になっているほどです。

 

10月は「神無月」といい、各地の神々が出雲大社に集まるとされています。 その目的は、たくさんの男女の縁結びと農事の相談の為だそうです。 こうして出雲には、日本全国から神が終結するので、地元出雲では10月を神無月ではなく「神在月」と呼んでいます。 そんなにたくさんの神様達が集まるのですから、出雲大社はご利益も期待できますね。

 

出雲大社は、巨大なしめ縄が社殿を飾っています。 そのしめ縄にまつわる嬉しいお話であります。 しめ縄の下からお賽銭を投げ、うまく隙間に挟まったら良縁に恵まれるという伝説です。 都市伝説かもしれませんが。

 

出雲大社は、独特な参拝の仕方があるようです。 一般的な神社では、二礼二拍手一礼というところが殆どですが、出雲大社では、二礼四拍手一礼で参拝するのが正しいとされています。

 

深いお辞儀を2回、拍手を4回打ちます。 この時、心の中で感謝の気持ちを伝えお願いごとをします。 その後、深いお辞儀を1回行うというものです。 ここで注意しなければならないことは、礼とは90度腰を曲げて行うということです。 そして礼をしている間は、目をつぶってはいけないそうです。 拍手は、胸の高さで行うことなどが正しいとされています。 最も重要なことは、拍手の時は右手を少し下にずらして拍手するということになります。 指先を少しずらした状態で2回拍手します。 拍手が終わったら指先を元に戻します。 この時、祈願をこめます。 指先をずらすという意味は、その時点では神様と自分が一体となっていないということです。 2回拍手した後にずらした指先を戻すことで、神様と一体化しお願いができるということを意味するのだそうです。

 

また時計と反対周りの順番で参拝するのが正しい方法だとも言われています。 参道の歩き方は、どこも同じで真ん中を通らずに端を歩くということでした。

 

出雲大社は、島根県出雲市にあります。 電車では、出雲大社前という駅でおり、徒歩で行けます。 これは、縁結びの神社のなかでも、駅から近いということも利点となっています。

 

出雲大社の縁結びに因んで、土日祝日限定で「ご縁電車しまねっこ号」という企画があります。 「一畑電車・一日乗車券」というもので、ピンクのハートの形のかわいい切符です。 島根県のキャラクターのしまねっこをモチーフにしているのだそうです。 松江から出雲大社の間を特別なダイヤで走るそうです。 今年の12月1日から来年の3月9日までの期間限定となっています。 1日フリー切符で1500円で乗り放題です。

 

この電車に乗り合わせ、出雲大社を参拝し、誰かと巡り遭うなんていうドラマも生まれるかもしれませんね。 電車の色もピンク、通路もピンク、座席もピンクで、吊革までピンクのハート型になっています。 縁結びにはピッタリな色ですね。

 

また座席には、しまねっこのオブジェがあるかもしれません。 それを探すのも楽しみの一つかもしれません。 切符には、いろんな店舗の割引券などもついているようです。 カップルができたら、利用するという手もありますね。

交通アクセス・詳細情報

公共交通機関 ⇒ 詳細はこちらへ
マイカー 山陰道出雲ICから約15分
駐車場 ・あり。
⇒ 無料駐車場の確認はこちらへ
住所 島根県出雲市大社町杵築東195
電話 0853-53-3100
地図
大きな地図で見る
公式HP ⇒ こちらへ

 

口コミで評判の高い縁結びスポットTop3は?

 

当サイトに訪れたのも何かのご縁。2分程度の無料診断で理想の出会いがあるかも。

結ちゃん診断