熊野速玉大社

あなたにとっての最良の縁を呼び込めるかも

和歌山県にある熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)

熊野速玉大社というところは、熊野大宮大社・熊野那智大社と並んで熊野三山の一つで熊野速玉大神と熊野夫須美大神を主祭神としています。 今から2000年前に建てられました。 全国にある熊野神社の総本山といえます。 そしてユネスコの世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部となっています。

 

この神社には、室町時代に皇室と足利義光が奉納した宝物を貯蔵しており、国宝に指定されています。

 

参道には、樹齢100年の「ナギの巨木」があります。 これは平重盛が植えたと言われています。 ナギの葉は、魔除けになると言われており、枯れていても横にちぎれないことから、縁結びの御利益があるとされています。 女性はその葉を鏡の裏側に入れてお守りとして大切にしていたと言われています。 また、魔除けとしてのご利益から、帰りの道中の守護神として信仰されていました。 熊野速玉大社で縁結びといえば、「ナギ」の木のことでしょう。 ナギの木の実を使ったナギ人形が縁結びの人気を呼んでいます。 しかし、ナギ人形の評判は2つに分かれています。 縁結びのお守りとして大切にした人と、形が不気味で手を伸ばせなかった人です。 またすぐ近くにある、神倉神社にも、縁結びの神が祭られているようです。

 

アクセスは、電車では紀伊線の新宮駅からタクシーなら5分、徒歩でも15分程度で着きます。 新宮市は、熊野川の傍にあり、新宮市、和歌山県全体が霊山のような感じがするところです。

 

過去に打ち上げ花火が原因で社殿が全焼したことがあります。 また行事も多く、2月3日のどんど焼きという行事が有名です。 お正月に使用した松飾りやしめ縄などを持ちこんで焼くという祭りです。 他にも、たくさんのお祭りがあるようです。 10月には、熊野川で「御船まつり」というものが開かれるようです。 神霊をみこしに乗せた神幸船と、勇ましい9隻の早船が神幸船を廻って競争するというものです。

 

鳥居を始めとして、社殿その他の建物は、朱塗りとなっています。 車を利用する場合は、駐車場から徒歩ということになります。 参道は、ほとんどが石畳みのようです。 また階段も多いので、車イスは不便かもしれません。 参道は、石畳、拝殿までの参道も玉砂利が敷いてあるので、脚の不自由な方はきついかもしれませんね。 拝殿には、小さな鈴が付いているようです。 ここでの参拝の仕方も正しい方法で行うことが大事です。 二礼二拍手一礼という参拝の基本の仕方です。 また、拍手の時には指をずらすことを忘れずに覚えておくことも大切な心構えです。 神さまと一体化することで、願いが叶うのです。 そしても最後に神社を後にする時、鳥居をくぐったら一礼をすることを忘れないようにしましょう。

交通アクセス・詳細情報

公共交通機関 JR新宮駅より徒歩15分
マイカー 紀勢道大宮大台ICより国道42号経由 約2時間30分
駐車場 ・あり
住所 〒647-0081 和歌山県新宮市新宮1
電話 0735-22-2533
地図
大きな地図で見る
公式HP ⇒ こちらへ

 

口コミで評判の高い縁結びスポットTop3は?

 

当サイトに訪れたのも何かのご縁。2分程度の無料診断で理想の出会いがあるかも。

結ちゃん診断