霊場巡りと御朱印

霊場巡りは四国八十八箇所が有名ですが、そのほかにも全国に霊場というものは数多くあります。霊場というのは古くから信仰の対象となっている神社・仏閣などで、現在でもお遍路さんが巡ることが多い場所です。最近ではお遍路さん以外にも御朱印帳片手に観光を兼ねて御利益を求めて巡る人が多くなりました。

霊場巡りの中で有名なものに日本百観音と呼ばれるものがあります。西国三十三箇所、坂東三十三箇所、秩父三十四箇所の合わせて百の霊場を日本百観音と称しています。

日本百観音について

西国三十三箇所は紀伊半島の内部の三十三のお寺を巡るもので、第一番那智の青岸渡寺から始まり、和歌山、大阪、奈良、京都、滋賀、兵庫、岐阜の2府5県と広い地域に存在します。

坂東三十三箇所は関東1都6県全体に及ぶ全行程1,300キロに渡る巡礼で西国三十三箇所と相対する巡礼と言われています。

秩父三十四箇所は全行程100キロと言われており、自然に恵まれた秩父の風光明媚な山野を巡ります。西国と坂東は三十三箇所なのに秩父は一箇所増やされて三十四箇所になっています。

そのほかに四国別格二十霊場や日本三大新四国霊場というものもあります。四国別格二十霊場巡りは四国八十八箇所巡りと合わせて「百八の煩悩消滅の旅」と言われています。

日本三大新四国霊場の一つに、知多四国八十八箇所があります。知多四国八十八箇所は愛知県知多半島にある八十八箇所の霊場を巡る巡拝で、半島内の狭い地域にあるたくさんのお寺を巡るため、短期間で巡りやすいです。また霊場同士も接近していて1日で数箇所~十数箇所を巡ることもできます。

もともとは弘法大師が投獄巡礼の途中に知多半島に上陸し、知多の風景があまりにも四国の風景によく似ていたために歌を詠んだことから発し、その後知多四国霊場を開創したと伝えられています。

第一番は清涼山曹源寺、第八十八番は瑞木山円通寺、結願は名古屋市内の八事山興生寺と覚王山日泰寺の2寺です。また、開山所三箇所、番外霊場七箇所を加えて全100箇所を巡礼するのが正式な参拝です。

知多半島内の霊場がほとんどですが、第三十七番魚養山大光院と第三十八番龍門山正法禅寺、第三十九番金剛山医徳院の3寺はそれぞれ日間賀島、篠島にありますので、フェリーで渡らなければなりません。知多四国の各札所では100円で御朱印を頂くことができます。

京都十三佛霊場は数多く存在する仏様の中でも特に慈悲深い十三尊の仏様や菩薩様、明王様が祀られているお寺を巡ります。専用の納経帳は大きめのサイズのバインダー形式で、各札所で御朱印をはさんで頂きます。