御朱印とは

御朱印は元来寺社へ参拝し、お経を収めた印として頂いた印のことでした。信仰心の篤い人々は般若心経などのお経を筆で和紙に写してその信仰のあかしとしてお寺に納めるのです。ただ江戸時代後期からは全国的に御朱印が流行し、必ずしも納経をしなくても参拝のあかしとして頂けるようになりました。

現代でも信仰心のない人でも寺社にお参りに行ってその証として御朱印代(納経料とも言います、通常は300円くらい)を納めれば、御朱印を頂くことができます。

ただ中には頑ななご住職が明らかに信心のない物見遊山の旅の途中にふらっと寄っただけの人、服装がラフな格好の人には、御朱印を断られることもあるようですが、そういう所はごくまれです。通常はちゃんと礼を尽くせば御朱印を頂けます。

もともとはお寺で頂くものでしたが、今では神社にも広がり、多くの神社でも頂けるようになりました。ただ神社の中には小規模な社務所など置いていない所が大半ですので、御朱印を頂けるのは比較的大きな神社に限られます。

御朱印は参拝の証として頂くものですから観光地に置いてある誰でも押すことのできる記念スタンプとは意味合いが違います。

御朱印と言っても印だけではなく、通常は寺の名前や仏様の名前を墨書して朱色の印を押したものです。墨書きはお寺の住職に準ずる方、神社では宮司さんなど神職に就いている方が行います。人の手で一字一字心をこめて書くので、自体はその時々で違い、全く同じものはないと言っていいでしょう。

このように何回押しても同じ絵柄が得られる記念スタンプとは違い、一つ一つ違ったものになるところが御朱印の特徴です。御朱印は神様、仏様の御神体の分身と言ってもいいようなものですから、ノートの端に頂くものではなく、専用の御朱印帳に頂き、神棚、仏壇などに大切に保存します。いろいろな寺社を巡って御朱印がたまってくるのを見るとうれしさがこみ上げてきます。

御朱印集めの始まり

お遍路四国八十八か所の霊場巡礼が御朱印集めの起源であると伝えられています。四国八十八か所が一番有名ですが、これ以外にも全国に数々の霊場が存在し、そのほとんどのお寺で参拝の印に御朱印を頂くことができます。

霊場巡礼の際に各札所で参拝の印として頂いた御朱印を揃えてすべてを巡ったときに結願とするのです。この札所巡りの御朱印が御朱印集めの起源と言っていいでしょう。その他各地に存在する七福神巡りでも頂くことができます。