婚活につまづいていたら縁結び神社へ

あなたにとっての最良の縁を呼び込めるかも

space

口コミで評判の高い有名な縁結びスポットTop3!

東京大神宮 ここから縁結びの御利益が広く知られたとされる由緒ある神社。
⇒ 東京都の縁結びはこちら
箱根神社 九頭龍(くずりゅう)と聞いた方がピーンと来るかもしれませんが、
強力な龍神様パワーで恋がかなったと評判が高い!
⇒ 神奈川県の縁結びはこちら
川越氷川神社 特別にお清めをしてお祓いした石を縁結び玉として配布しています。
ただ、20個限定なので朝イチに行く必要あり。
⇒ 埼玉県の縁結びはこちら
space

幸せ力がいつのまにか身に付く参拝の作法について

縁とは運命の巡り合わせのことで、
縁結びと聞くとすでに相手がいる場合の
恋愛成就のみを差していると思われがちですが、

 

・人と出会うこと

・恋人同士になること

・夫婦となること

・親子となること

・家を建てること

・仕事に就くこと

・ものを買うこと

・旅をすること

・食べること

・遊ぶこと・・・

 

生きることすべてが「縁結び」とされています。

 

宿命は変えられませんが、運命は変えられますから
『困った時の神頼み!』で
オンナの幸せをつかめるように
神様に縁結びをお願いしては如何でしょうか?

 

その際に縁結びの神社も含めて、正しい参拝の仕方があります。
正しい知識を知って、理想のパートナーとの縁結びをお願いをしましょう!

1.お参りする時間帯

まず、縁結び神社のお参りする時間帯ですが、午前中の方が良いとされています。午前中は、陽が昇る時間で、それと共に運気も上がると言われているからです。午後になると陽は沈みます。それにつれて運気も下がると言われています。

 

しかし、最近では若い人たちを中心として、午前・午後に関係なく参拝する人もいます。その人それぞれの時間の都合もあるので、本人が良ければそれでも構わないのでしょう。そういえば、祖母は神社ではなく寺になりますが、「墓参りは、午前中の行くこと」と言っていた記憶があります。

 

※ 縁結びに限らず、世界中でも俗世と異なる神聖な場所へ行く場合、日が落ちる前に行くことが伝承されていますね。

2.歩き方にも作法があります!

神社と言えば鳥居があります。 1つだけの神社もあれば、3つくらいある縁結びの神社もあります。 本殿に近いところの鳥居は一の鳥居と呼びます。 そして外側に向かって二の鳥居、三の鳥居となっていきます。 私達は、神社の一番外側の三の鳥居から入ります。 この時、鳥居をくぐる前に鳥居に一礼をしてからくぐります。 これを「一損」といいます。 神社の鳥居は、一般の家庭での門扉のようなところなので、「お邪魔します」という意味です。

 

本殿や拝殿に向かって参道が続いています。 参道を歩いて行く時は、参道の中心部、真ん中を歩いてはいけません。 真ん中は神様が通る道だから、開けておかなければならないのです。 真ん中の部分を「正中」といいます。 参道の端の方をある胃と進んでいきます。

3.俗世のケガレを清める

そして参道の近くには、手水舎というところがあります。 ここで、お参りの前に手と口を清めます。

 

右手に柄杓を持ち、左手に水をかけ、飛車気を左手に持ち替えて右手を清めます。 その後、柄杓の水を左手に注ぎその水で口をすすぎ清めます。 そして、柄杓に残って水で、口をすすいだ左手を清めます。

 

このお清めを全て1回くんだ柄杓の水で行わなければなりません。 ここでやっていけないことは、柄杓に口を近づけて柄杓の水で口をすすぐということです。

 

※ 縁結びに限らず、神聖とされる場所へ行くのでマナーは大切です。

4.お賽銭や鈴を乱暴に扱っていませんか?

いよいよ拝殿の前に来たら、お賽銭を入れます。 この時は、投げ込まずにそっと賽銭箱に入れるのが正しいやり方です。

 

もし拝殿に、鈴があれば軽く鳴らす事は良いことです。 大きな音を立てて鈴を鳴らす必要はありません。 鈴を鳴らす意味は、自分の邪気を払いのける意味があるので、大きな音ではなく自分に聞こえるくらいの大きさでかまいません。

5.大切な拍手をする意味

二礼に拍手をして、手を合わせます。 拍手をする意味は、自分が素手であることや、下心がないことを神さまに証明するためと言われています。

 

心の中で神様へのご挨拶をし、縁結びなどの願いことを叶うようにお願いします。 その時にできれば、自分の名前や住所を告げておく事もよいかもしれません。 礼をする時は、腰を90度曲げます。

拝殿から帰り、一番外側の鳥居をくぐったら、本殿の方向を見て軽く一礼をします。 感謝の気持ちです。

 

これが一般的な参拝の仕方ですが、神社によりすこし異なることもあるようです。 出雲大社や宇佐八幡宮などでは、「二礼四拍手一礼」という参拝が正しいとされています。

めでたく縁結びの願いがかなったら・・・